豊泉歯科クリニック

豊泉歯科クリニック レーザーの利点
当院では、レーザー治療を取り入れております。
レーザーとは、非常に高いエネルギーを持ち、かつ拡散しない光のこと。
医療分野では切開の他、殺菌・消毒・止血・消炎・鎮痛等に使用されています。
また、治療中の不安原因となる「音や振動」もない、画期的な技術です。

通常の治療にレーザー治療を併用することで、次のような数多くの利点が得られるため、
まさに 『体にやさしい最先端医療』 といえます。

レーザー照射イメージ(拡大) ■短時間で済む
■即効性あり
■出血がほとんどない
■傷跡が残りにくい
■治癒がはやい
■痛みは最小限
■周辺組織への影響がない
■薬(麻酔・抗生物質・鎮痛剤)が減らせる
…妊娠中やアレルギー体質の方にも安心


豊泉歯科クリニック 適応症例と効果
以下は代表例です。
この他、様々な症状に応用できます。詳しくはお尋ねください。

虫歯治療と予防

レーザーの熱エネルギーで目に見えない細菌まで確実に殺菌できるため、 虫歯の再発を防止し、根管治療の回数も減らすことができます。
また、歯の表面を硬化させ、耐酸性を高めるため、歯質強化ができます。

知覚過敏

知覚過敏とは、歯茎の退縮等により、露出した部分の象牙細管(歯の神経につながる微小な孔<あな>)から 神経が刺激されて起こるものです。
レーザーにより歯の表面に薄い膜を作り、この孔(あな)をふさぐことで神経を保護します。

口内炎

レーザーの殺菌効果により炎症と痛みを鎮め、早期回復がはかれます。

歯周病

歯周病の進行は気づきにくく、ひどくなると歯を支える骨が溶け、歯が抜けてしまいます。
レーザーは、炎症部分の歯肉切開や、歯周ポケットの殺菌・消炎ができる他、 血行改善・細胞再生促進効果も持っています。
そのため、痛みや出血も少なく治療でき、早期回復がはかれます。

歯肉の黒ずみ

レーザー光は黒いものに反応する特性があります。
レーザーを照射することで歯茎上皮のメラニン色素を蒸散し、 きれいなピンク色の歯茎を再生することができます。