豊泉歯科クリニック

豊泉歯科クリニック 受け口とは
受け口 下の歯が上の歯よりも前に出ている状態を
『受け口』または
『反対咬合(こうごう)』

と言います。

3歳児健診で4〜5%の割合で見つかりますが、放置するケースが多いのが現状です。
しかし、自然に治るケースはまれ(1割に満たない)であり、治療が必要です。


豊泉歯科クリニック 受け口の治療方法
【幼児編】

幼児期(3歳から)のうちに改善させる、 「ムーシールド」 という特殊なマウスピースによる治療法です。
これは、寝ている間に口に装着するだけなので、痛みも負担もありません。

ムーシールド写真 <ムーシールドのはたらき>

受け口は舌の位置が低いため、下あごを前に押し出すように筋肉の圧力が働きます。

ムーシールドは、舌の位置を上げ、口の回りの筋肉を正常化することで、 上あごの成長を促し、下あごの成長を抑えて改善させます。

装着後は、ほぼ1年以内に効果が現れ、約90%の割合で改善が見られます。
ただ、適応不可能な症例もありますので、まずはご相談下さいませ。

ムーシールド治療前 治療前 ムーシールド治療後 治療後


【成人編】

子供のうちに矯正具をつけても治らなかったり、成長期に悪化するケースなども見られ、 大きくは以下2パターンに分かれます。

■歯列矯正だけで治る場合
■骨格異常の場合


特に、骨格異常の場合ですと、「顎顔面変形症」として健康保険の適用もありますが、 顎形成手術や手術前後の歯列矯正が必要となり、治療期間も長くなります。
どういった治療を受けるべきか、ぜひお気軽にご相談下さい。


豊泉歯科クリニック 受け口治療のQ&A
Q. 永久歯が生えるまで様子見を勧められたのですが?

A. 自然に治る場合もありますがごく少数です。
  セカンドオピニオンを求めることをおすすめします。
  私たちは大半の方に、早期初期治療が必要と考えています。
Q. 早く治した方が良いですか?

A. 不正咬合で成長発育が遅れることは基本的にありません。
  しかし、喋り方・食べ方に問題が現れ、劣等感を感じることがあります。
  また、年齢とともに下顎骨が過成長し、治療法の選択肢が狭くなります。
  早期初期治療が大切です。
Q. 一度治したらもう大丈夫ですか?

A. 一度で大丈夫という方が大半です。
  しかし成長期が終わる頃、再治療を必要とする場合があります。
  定期健診を続けることが理想です。
Q. 遺伝するのですか?

A. 残念ながら反対咬合の家系がございます。
  しかし、早めの対処で改善できますので、ぜひご相談下さい。
  私たちは、患者様の心の負担を軽くし、生活の質向上をお手伝いします。